作業時間たったの15分、かんたんで絶品の生チョコケーキの作り方

スイーツ

時短で美味しいケーキ、チョコレートケーキを作るなら、材料も少なく工程も少ない生チョコケーキがオススメ。バレンタインやホワイトデー、イベントの時など手作りで簡単に出来るので是非お試し頂きたいです。備忘録として記事に残します。

スポンサーリンク

材料

  • チョコレート200g
  • 生クリーム200ml
  • ビスケット100g
  • 無塩バター50g
  • ココアパウダー適量

生チョコケーキの作り方

1.フリーザーバッグにビスケット100gを入れます。今回は森永チョイスのビスケットを使いました。他にもリッツのクラッカーやムーンライトのビスケットなども良いと思います。

2.1を麺棒などでたたき細かく砕きます。

3.無塩バター50gを電子レンジで溶かしフリーザーバッグに入れ混ぜ混ぜします。有塩バターを使うと塩気がありひと味違いますし、塩味のあるビスケットを使ってもオッケーです。

4.一辺が15センチ角の方に敷き詰めます。自宅にあるタッパーでも大丈夫ですが、今回は100円均一に売っていた物を使いました。タッパーで作る場合は、下にラップを引いて、タッパーから型抜きしやすいようにして下さい。

5.チョコレート200gを袋の中で適当な大きさに割ってボールに入れます。今回はビター系のブラックチョコレートやカカオの%の高い物とミルクチョコレートなど混ぜました。個人的にはダークチョコレートが好きなので、全部カカオの%の高い物で作りたかったのですが、子供も食べるので少しミルクチョコレートも混ぜました。お好みのチョコレートで作って下さいね。

6.熱いお湯を用意し、湯せんでチョコレートを溶かします。

7.チョコレートを湯せんしている間に生クリーム200mlを鍋に入れ温めます。沸騰しないように注意し沸騰する前に止めます。

8.チョコレートが溶けたら、7で温めた生クリームを3~4回に分けて入れ混ぜます。

慌てずにゆっくり混ぜて大丈夫です!

混ぜる度に香るチョコレートの匂いと艶が出てくる様子がたまりません。

9.全て混ざったら次は型に流し込みます。

10.紙の型を使う場合は、型をバットの上に置いておくと、底がしっかりするのでオススメです。粗熱が取れたらアルミホイルを被せて(ラップだとチョコレートの表面に張り付きやすいので)、冷蔵庫で4時間以上冷やします。

11.冷蔵庫から出して、全体にココアパウダーをふるいかけ、切り揃えてお皿に盛りつけたら出来上がりです。手を抜いてしまったので、切り口が雑になってしまいました・・・。切る度に包丁を温めて切って拭いて温めてを繰り返すともう少し綺麗に仕上がります♪

イチゴを添えて美味しく頂きました~。大人も子供達もみんなから「美味しい」を頂きました★作業の時間もかからず簡単に美味しい生チョコケーキが出来るので、是非お試し下さい♪

他のレシピの記事はこちらからどうぞ

★手作りスイーツはコチラもオススメ

タイトルとURLをコピーしました